Q&A

Q&A

Q・地盤ってどうやって補強するの?

A・地盤の強度に合わせて杭などを打ち込んで補強します。

地盤が緩い土地に家を建てる場合は、補強工事を行います。

柔らかい地盤の下には、しっかりとした地盤があるので、
しっかりとした地盤まで家を支える柱や杭を打って補強します。


緩い地盤の深さによって補強方法は変わっていきます。

代表的な方法では、

緩い地盤が安定している地盤までの深さが

・2mまでの時に使う 「表層改良工法」

(緩い地盤部分の土とセメントを混ぜて地盤を強化)
 

・2mから8mまでの時に使う 「柱状改良工法」

(セメントを緩い地盤部分の土混ぜて柱状にして地盤を強化)


・2mから30mまでの時に使う 「鋼管杭工法」

(しっかりとした地盤まで金属製の鋼管を入れて地盤を強化)

 などがあります。

緩い地盤が深ければ深いほど補強にかかる金額は高くなっていきます。

どこまでの補強が必要なのか、まずは井原建設にご相談ください。
 

地盤だけでなく、土地の選び方については

Q&A土地選びで詳しく解説しています。

お問い合わせはこちらから

家作りセミナーはこちらから

無料相談会はこちらから

お気軽にお問い合わせください!