家を建てる前に・・・

この用語はどんな意味?

 

Q・建蔽率ってなに?​

A・​土地に建てられる1階部分の面積のことです。

​ 

​ まず、土地によって家を建てられる面積というのが決まっています。

面積にも種類が2つあって「建蔽率(けんぺいりつ)」と「容積率(ようせきりつ)」があります。

「建蔽率」とはその土地に建てられる1階部分の面積のことをいいます。

「建蔽率60%」とあれば200㎡の土地(約60坪)に1階部分は120㎡(約36坪)の家を建てられるということです。

大きさによってポーチや庇も含まれる場合があります。

 

Q・容積率ってなに?

A・​土地に建てられる家の面積のうち1階と2階の合計の面積のことです。

 

​ ある土地に建てられる家の面積のうち1階と2階(3階があれば3階も)の合計の面積のことです。例えば「容積率100%」とあれば200㎡の土地(約60坪)に全部で200㎡の家を建てられるということです。

 

ただし「建蔽率」により制限されます。

 

※例(それぞれ制限いっぱいで建てる場合) 

土地:200㎡(60坪) 「建蔽率」:60% 「容積率」:100%の場合

 1階部分の面積:120㎡ 

 2階部分の面積: 80㎡

 

Q・坪単価ってなに?

A・​家を建てるときに必要な金額(総工費)を広さ(坪、㎡)で割ったものです。

 

​ 難しい質問です(^^;

 が、この「坪単価」で工務店、ハウスメーカーを選ばれる方がまだまだ多いのかもしれませんね。

まず「坪単価」の「坪」とは昔の単位で土地とか家の広さを表します。

ざっというと「1坪=3.3平方メートル(㎡)」です。

30坪の家というとだいたい100平方メートルの家です。

 

「坪単価」とは家を建てるときに必要な金額(総工費)を広さ(坪、m2)で割ったものですから、

例えば30坪の家が1500万円とあったら坪単価は1500万円÷30坪=50万円

つまり坪単価50万円となるわけです。

 

 どこに頼んでいいかわからない場合、選ぶ際のひとつの目安にはなりますが、この「坪単価」の表示や「家を建てるときに必要な金額」にははっきりとしたルールがあるわけではありません。

 

家を建てるにはたくさんの項目がありますがどこまでが含まれている金額なのか十分に注意する必要があります。また、建てた後の電気代等光熱費がいくらになるかは大変重要な要素です。

 

もう一つとても重要なことがあります。同じ坪数の家でも形によって大きく違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真はすべて同じ坪数の家ですが、建築コストは大きく違ってきます。

②よりも①が、①よりも左のシンプルな形の方が

同じ坪数でも建築コストを下げることができます。

 

Q・敷地面積って?延床面積って?

A・​家にかかわる土地などの面積のことです。

​ 「敷地面積」とは土地の広さのことです。ただし不動産情報等に載っている敷地面積は

法面(がけ等そのままでは家を建てられない部分)も含まれている場合がほとんどですので注意が必要です。

 

 「延床面積」とは実際の部屋数の合計面積のことです。浴室、トイレ洗濯室、洗面所も含みます。玄関も含みますが玄関のドアより外のポーチは含めません。

Q・C値ってなに?

A・​相当隙間面積のことです。

​ 相当隙間面積の単位は㎠/㎡。

 家全体でどれくらい隙間が空いているかを表す指標で、

 C値2.0㎠/㎡、C値0.5㎠/㎡などと表します。

 

 つまりこのC値が小さければ小さいほど高気密な家ということになります

​   (高気密な家って?)

 

Q・瑕疵担保責任保険ってなに?​

A・​家が完成した後、住んでいてもしも家に何かあった時に使える保険です。

​ 「瑕疵担保責任保険(かしたんぽせきにんほけん)」とは家が完成し住宅会社から引き渡しを受けたあとに発生するかもしれない事故、雨漏り、地盤沈下等

構造上の問題により起こる不具合等(保険の対象とする範囲によります)が起きた場合に、住宅会社等が補償する保険のことです。

 

保険が適応される期間はお引渡し後10年です。

万一建てた住宅会社が倒産しても代わりに保証会社が対応してくれます。

※免責事項等細かい規定がありますので事前に住宅会社が説明をするよう義務付けられています。

 
Q&A
家を建てる前に
はじめての方へ
もっと見る
井原建設ロゴ

住 所:〒690-0855 島根県松江市浜佐田町739-2

​TEL:0852-36-8638    FAX:0852-36-6155

建設業許可:島根県知事登録(般-27)第1809号

​島根県知事登録(3)10503号 井原一級建築士事務所